あれこれ

ECOの事


私の提案する家は、自然素材でできています。
構造材の丸太はもとより、建具やフローリングには無垢の木を使い、
壁には珪藻土や漆喰などをコテで仕上げ、自然塗料を塗り和紙を使い・・・
しかしながら、それを声高に発信する事は無い。どこかしら、後ろめたい。
昨今、電話やメールで飛躍した質問を受ける事がある。
「御社の造る家はエコハウスですね?」「環境に優しい家ですか?」
正直、どう答えて良いのかわからない。

木・土・草・石・紙 自然素材ですね。
ガラス・コンクリート・合成樹脂・アスベスト・・・ これらはどうでしょう?
宇宙の彼方から舞い降りてきたものでしょうか?(それも自然素材か)
これらの原料は鉱物や石油。石油は、元を正せば生物の死骸。
自然のものに人間の科学技術を加えたもの、これそのものが悪なのか。
使い方の問題なのか、程度の問題なのか、量の問題なのか。
はっきりしている事は、人体に悪影響を与えるモノ、使われ方、これは良くない。
「ワシの家は、全部木や。床・壁・天井・風呂・屋根まで木や。メッチャECO」
確かに快適そうですが、その生産過程や輸送・組立で環境に負荷をかけ、石油を使い、
森林を伐採して自然を破壊しているという行為も透けて見える。
家造りに携わる者として、自然素材やECOを語る時、何をどこまで考えればよいのか。

腐る。割れる。破れる。自然素材は弱い。だから、長持ちさせようと工夫して造る。
オーナーは、長持ちさせようと手を入れる。愛着が湧く。自分の世界が生まれる。
可愛がってやると、長きに亘り輝き続ける。モノを大切にするという意味が少しずつ解る。
その過程で、少しぐらい科学技術の力を拝借しても良いのではないか。

知り合いの女性が、数十年身に着けているアクセサリーを、自慢げに話した事があった。
どう見ても樹脂系のそれ。聞けばベークライトだという。
石油から作られる合成樹脂が氾濫する前に、世に出たベークライト。
石炭から作られたそれは、アール・デコのインテリアにもよく顔を出す。
前職場の上司は、皮の筆箱を20年程使っていた。輪ゴムで金属疲労をカバーしながら。
今でも使っているのだろうか。

モノではなく姿勢。そういう事かもしれない。
そしてそのスタンスは、何も特別な事ではない。
ログハウスに関わった先人達が、昔から実践している話し。
大事なのは、モノを大切にできる豊かさ。何も大荘厳な話ではなさそうだ。
   
Head Office
〒689-3553鳥取県西伯郡日吉津村日吉津2585-2
Yamaguchi Base
〒756-0063 山口県山口市深溝字藤尾東田2364