構造美の家 施行例

Canaddian Loghouse マシンカットログ
画一的で単調なイメージの強いマシンカットログハウスを、当社独自の工法で、野趣溢れるカナディアンスタイルに変貌させます。
ウォール材及び小屋組みの構造材には、耐久性に優れるウェスタン・レッド・シーダーを使用。ウォールには、
“6×8”(約140mm×180mm)若しくは、“6×10”(約140mm×225mm)もある大口径のマシンカット材を、芯去り材で製造しています。
このサイズで芯去りという稀有なウォール材の上に載せる小屋組みは、ハンドクラフトで加工された丸太、若しくはティンバー材を、
トラス組み等の演出を交えながら融合させていきます。フィンランドや国内で製造されているマシンカットログハウスとは一線を画した
比類なき容姿を、是非その目でお確かめ下さい。
インテリアは、ログハウスらしくシンプルな構成をベースにして、木そのものの美しさを最大限に引き出したい。
異彩を放つマテリアルの多用は控えたいところ。
工事工程においては、ダボと通しボルトでログウォールを締結します。電気配線や開口部の位置変更などは、現場で対処しにくい側面を
持っている工法なので、家具の配置なども踏まえた検討を、設計段階でより綿密にする事が求められます。
Head Office
〒689-3553鳥取県西伯郡日吉津村日吉津2585-2
Yamaguchi Base
〒756-0063 山口県山口市深溝字藤尾東田2364