「他に無い目立つデザインの家、頼みます。」
こんな言葉から始まった家造り。しかしどうでしょう、
この言葉の真意が提案を重ねる毎に見えてきます。
「奇抜はイヤ。家根はベーシックな切妻。
その中に少しデザイン性を。」
言葉とイメージには、いつも微妙な距離があるようです。